新規記事を投稿

タイトル: ジーンロッテンベリーの考えは
投稿者 : アルファー
登録時間:2017年10月19日00時18分
本文:
今までずっと思ってたことなんですが
STの24世紀にはものすごテクノロジーがあるじゃないですか
今では計り知れない脅威のテクノジーが

当時のジーンロッテンベリーさんたち以下スタッフが考えた
のだと思うのですが
ワープ 転送装置 リプリゲーター ホロデッキ フェイザー
トリコーダー 遮蔽装置 防御シールド
などなどその他沢山考えだされて
スタートレックには、かかせない物になってると思うし
ストーリーでうまく使われてると思います。

上記のようなテクノロジーは24世紀なんで20世紀から脅威の発展につながってこのようなテクノロジーが24世紀ならばあるであろうと思って
上記のようなテクノロジーを考えたのだと思うのです。
ここで疑問なのは
船なら防御シールドである程度は船自体を守れる設定
遮蔽装置なら隠れる事もできるじゃないですか

でも人間自身はシールドや遮蔽ができないような設定になぜ
したのでしょうか
小型装置を体のどこかにつけて自分自身にシールドが貼れて
完全でもなくていいので船みたいに何回か攻撃されれば防御力も下がっていく
見たいな感じで
同じく自分自身に小型遮蔽装置を取り付けある一定の時間しか
遮蔽ができるみたいなことにすればいいと思ったのですが
24世紀というう設定でテクノロジーが脅威意的に発展した設定であれば
小型でシールドを貼れる装置や小型の遮蔽装置があってもおかしくないと思うのですが

それともジーンロテンベリーさん以下スタッフは当時このような考えは
思いつかれなかったのでしょうか?
このような装置もあればもっとストーリーに幅が広がりおもしろいストーリーもあったのではないかと思ったのです。
みんさんはどう思われますか?


親記事コメント
なし Re:ジーンロッテンベリーの考えは-投稿者:ひこ
Re:ジーンロッテンベリーの考えは-投稿者:モ510形愛好家

[ツリー表示] [番号順表示] [戻る]